変形性膝関節症の問題点、原因、治療について

注目

Pocket

変形性膝関節症の問題点

変形性膝関節症とは

「膝関節のクッションの役割をしている軟骨(半月板)の摩耗や骨の変形、筋力低下などが原因となって膝関節に炎症が起きたり、変形して痛みが発生する病気。」

とされています。

Röntgenbild Kniegelenk

変形性膝関節症の治療は注射、服薬や物理療法および手術、各種対処療法(鍼灸やマッサージ、カイロプラクティクや整体など)が主流ですが、多くの方が根本的な改善にはつながっていないのが現状です。

その原因は関節軟膏の摩耗や、骨の変形とされている事が多く、患者さんも色々な治療方法を試し、医療機関を転々としている方も多いようです。

 

変形性膝関節症の原因とは?

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症は、膝の怪我や骨壊死など明らかな原因に続発して発症するもの(二次性関節症)と、明らかな原因を認められないで発症するもの(一次性関節症)があります。

現 代医学では形態的な変化(軟膏の摩耗や変形)を痛みの原因とし、それを元に治療がすすめられていきます。しかし、軟骨の摩耗や変形が痛みと直結している ケースは稀で、ほとんどの場合が膝周囲の筋肉や靭帯内のポリモーダル受容器という痛みセンサーの興奮によって発生しています。

これを筋筋膜性疼痛症候群といいます。

簡単に説明すると筋肉が痙攣して過緊張を起こしている状態です。

Structure of skeletal muscle fiber, eps10

もちろん、変形性膝関節症の原因は多様ですから、施術をしながら原因を探っていく必要があります。

膝関節は大腿骨、脛骨、膝蓋骨、腓骨から構成される関節です。

変 形性膝関節症は中年以降の膝疾患では最もよく遭遇し、軟骨の摩耗、骨棘形成、変形、関節可動域障害など関節構成体の退行性変化と増殖性変化を示す疾患であ るとされていますが、膝関節の軟骨内に痛みセンサーはほとんど存在しませんし、変形が痛みセンサーを興奮させるエネルギーになるわけではありません。

多くの場合は筋筋膜性疼痛症候群といって、筋肉や靭帯に存在するポリモーダル受容器という痛みセンサーが興奮することによって起こります。

このポリモーダル受容器という痛みセンサーは科学刺激、物理刺激、熱刺激に反応するセンサーですが、多くは筋肉内の酸素欠乏による刺激によって興奮が始まります。ポリモーダル受容器が興奮し、作られた電気信号が脳に到達して情報が解析されて始めて「痛い」と感じるのです。

Intellectual thinker , Human xray with gears for brains

 

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症は痛み(運動時の痛みが主体)特に動き始めや長時間歩行などで痛みが強くなるケースが多いです。

しばしば関節水腫が認められますが、これは滑膜による関節液の入排出のバランスが崩れたために起こっているもので、通常は抜く必要はありません。膝に水がたまるは通常この事を指します。

高齢者と階段

 

変形性膝関節症の診断

レントゲン検査の所見では関節軟膏の摩耗、関節裂隙の狭小化、骨棘形成、関節内遊離体などを認めるようになります。血液検査に特異な異常を認めません。変形が内側にあるものが内側型関節症で、外側にあるものが外側型関節症とよびます。

ほとんどが内側型です。

3d white people radiologist

 

変形性膝関節症の治療方法

保存療法が原則ですが、保存療法に抵抗し痛みや関節可動域障害により著しく生活の質が低下している場合は手術療法も選択されます。

保存療法の代表的なものに消炎鎮痛剤の投与、温熱療法、体重減少や杖の使用、大腿四頭筋(太ももの筋肉)の強化、靴の中敷に高低差をつける足底板療法などがあります。

その他にヒアルロン酸ナトリウムの関節内注射、ステロイド注射などがあります。

治療は前述のように筋肉が過緊張を起こしてしまった筋筋膜性疼痛症候群であることが多いですから、筋肉を柔らかくして酸欠に陥っている痛みセンサーに酸素を供給してあげれば良いのです。

酸素を供給する方法は色々あります。

Physiotherapie

皆さんはこんな悩みはありませんか?

・朝起きると動き始めが痛い

・正座ができない

・動かすと痛み、歩けなくて困っている

・病院で「変形性膝関節症」と言われ、治療したが一向に良くならない

・現在おこなっている治療が痛いので、痛くない治療を探している

・この慢性的な痛みをなんとかしたい

変形性膝関節症の痛みを放っておくと、なかなか痛みがとれなくなったり、全身のあちこちが痛くなったりしてしまいやすくなります。

当院では変形性膝関節症の改善方法を提案できます。

詳しいことはこちらをご覧ください おおしま接骨院ブログ http://s621.com/blog

※変形性膝関節症は様々な原因で発生します。自己判断はせずできるだけ専門家の指示を仰ぎましょう。

underwater image of jellyfishesおおしま接骨院のご案内

おおしま接骨院HP http://s621.com
おおしま接骨院ブログ http://s621.com/blog

大嶋大輔(おおしまだいすけ)
10854309_771086426303020_2409317952724431393_o

■プロフィール
新潟県産まれ
幼少の頃に経験した様々な怪我をキッカケに治療家を目指し柔道整復師国家資格を取得。
柔道整復師として腰痛や坐骨神経痛など、カラダの痛みやしびれを抱えた方の施術を専門におこなっている。
特に関節センサーの異常や筋膜性疼痛症候群の施術を得意とする。
現在は「一人でも多くの患者さんの痛みやしびれを取り除くこと」をモットーに、全国各地から来院する患者さんの施術に明け暮れる。

■著書
「テンタクル・タッチで痛みが溶ける!究極の脱力ジェリーフィッシュ・セラピー」
「腰痛解消!神の手を持つ18人」
「腰痛・首・肩の痛みを取る!匠の技を持つ23人」
無題■施術所
住所:〒349-0124 埼玉県蓮田市末広2-1-2
お問い合わせ:電話 048-764-1190
施術時間:午前9時~12時 午後2時~6時半(土日は午後5時半まで)
休診:水曜・不定期で時々 

map

Pocket

変形性膝関節症に筋力トレーニングは有効

Pocket

変形性膝関節症の主な症状である膝の痛みに有効な治療法として、これまで筋力トレーニングの効果が多く報告されています。今回の研究では、過去の研究をまとめて、膝の痛みに対する筋力トレーニングの効果を検証しました。

変形性膝関節症の膝の痛みに筋力トレーニングが有効か検証

今回の研究は、過去に報告された研究をまとめて、変形性膝関節症の膝の痛みの改善に筋力トレーニングが有効であるか検証しました。 筋力トレーニングには、膝や股関節のトレーニングが含まれました。

◆筋力トレーニングは膝の痛み、硬さの緩和、身体機能の改善に効果あり

以下の結果が得られました。

続きはこちらから http://medley.life/news/item/562db11a4c0955340358adba

膝の筋肉トレーニングをすることによって硬くなった筋肉が柔らかくなるということがわかりました。

膝が痛くなると固くなる筋肉は大抵決まっています。その筋肉が柔らかくなるように上手にアプローチしてあげるとより高率が良いでしょうね。

Knee pain

Pocket

MRI、膝関節の異常所見を高率に描出:フラミンガム変形性関節症研究

Pocket

MRIは、X線検査では変形性膝関節症の所見がみられない中年~高齢者において、脛骨大腿骨関節の病変を高率に描出することが、米国・ボストン大学医学 部のAli Guermazi氏らの検討で示された。変形性膝関節症は、治療対象となる頻度が世界的に最も高い関節症で、生涯リスクは加齢とともに増大し、高リスク因 子として肥満が挙げられる。診断は臨床検査やX線検査に基づくが、膝の痛みを訴える患者の約半数がX線画像では異常を認めないという。MRIは従来のX線 画像では可視化されない変形性膝関節症の所見を検出可能なことが示されている。BMJ誌2012年9月14日号(オンライン版2012年8月29日号)掲 載の報告。

続きはこちらから http://www.carenet.com/news/journal/carenet/31377

knie schmerzen 2

Pocket

膝半月板損傷は一般的な加齢変化で膝症状とは関連しない

Pocket

膝のMRI画像診断は、原因不明の膝症状がある患者にしばしば行われる。そして半月板損傷が見つかると普通、症状はそれらに起因するものとされるが、半月板損傷の有病率と、膝症状やX線撮影の所見に基づく変形性膝関節症を伴う半月板断裂との関連については十分なデータが示されていない。米国・ボストン医科 大学のMartin Englund氏らは、マサチューセッツ州住民を対象にその関連について調査を行った。NEJM誌2008年9月11日号より。

続きはこちらから http://www.carenet.com/news/journal/carenet/5854

Röntgenbild Kniegelenk

Pocket